古典芸能「都々逸」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都都逸「減税」


♪ 財政舵取り 出来ない人が またあげるのか 消費税

♪ 歳を重ねて 自然減食 食べる気力も いい加減


減の字は「ゲン、カン=@へらすAひくB引き算」

減少、減水、減収、減刑、減却、減価、減法、減食、減色、減退、減俸、減税、減額、半減、加減、低減、削減、節減、増減、激減、手加減 など

消費税が5%から8%に増税し、また、2%増税して10%に,
それなら、日常使う食料品のうち必需品は総て無税に、かしこい国ではそのような制度がアルようだ。
低所得者の方が収入に対して負担率が多くなるからで、その差を埋め合わせるものである。
高額所得者の問題があるが、所得の高い人は多額の税金を納めているから、国民みな平等に生活必需品のうち、食料だけは無税にしてはどうだろうか。

****************************
減=この字の古形は図に示す如く、咸は戈と口との組み合わせに成る会意文字で、凶器を以て相手をおどし其の口をつぐましむることを示すものである。
つまり絨(封じこめる)の原字である。減は水と音符咸との組み合わせに成る会意兼形声文字で、水を押え封じて其の流量をへらすことを意味するものである。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11722130c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
大脳の氾濫-3
大脳の反乱-2
大脳の反乱-1
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 111 271135
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック