漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「注意」

♪ 母ちゃんごめん 悪さの注意 せがんでみても もういない


♪ 注意一秒 怪我一生と 標語のとおりだ 気をつけよ


注の字は「チュウ=@そそぐAつぐB本文を説明する」。


この字は母親から貰った何回となく繰り返された「注意」であろう、父親や先生、目上の人からの注意もあるが、とても母親の注意とは比較にならない。

幼い頃は覚えていないけれども、大きくなるにつれて悪さをして、叱る=注意が厳しくなった。


「注入」「注文」「注目」「注記」「注進」「注視」「注釈」「傾注」等馴染みの語句が多い。

*************************

注=注ぐとは、水が棒状に垂れ落ちることである。この字の原字は図に見るような字形で、

それはAとBとの組み合わせに成る形声文字でBを音符とする。

Bは叉Cとの二つの部分から成り、Cは燭台でありDは燈心を表わすもので、此の文字の最古の字形は単にこのDだけだったのである。そこで主とは、燭台上に大の燃ゆる貌を表わしたもので、その本義は「ジーと棒状にIヶ所に立ちとまる姿」であった。それから転じて物の中心・首脳等の義を表わすようになったのである。従って主を音符とする文字は多く棒状に一ヶ所に立ち止まる意を含む。そこで注とは、一ヶ所めがけて直線上に水が落ることである。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11716986c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都都逸「秋」
漢字の都々逸「秀才」
漢字の都々逸「禾」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 50 276939
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック