古典芸能「都々逸」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「母」



♪ 歳がすぎても 母の面影 瞼を閉じれば そこにいる

♪ 母性本能 子供を守る 慈母の姿が そこにある 


母の字は「ボ=@ははAおかあさんB目上CうばDめのとEめすFおやゆび」

母子、母方、母胎、母体、母系、母国、母性、母乳、母音、母型、母校、分母、父母、歳暮、祖母、雲母、慈母、継母、義母、酵母 など

 母親は妊娠に入りますと出産までの330日間胎児は母と結ばれています、この期間のことは、母親だけが持つ特権で、父親は全く蚊帳の外にありますので、この期間が父親と母親との違うとなるのではないでしょうか。


↑ 図をクリックすると拡大します


 そこで、私の空論になりますが、胎児から見れば母体内での生活は宇宙空間をさまように等しく、330日は何万年もの時間尺度にあるように思えてなりません。
 万物創造の基は太陽にありますので、私たち人間も拡大解釈すれば太陽の子ということになります。

 数十万年進化の道程を考えると、母と子の絆は母体内での生活からスタートしていると思います。
そうでなければ、幼児や子供は勿論、成人してからでも、母の面影を追い求めることはないのではないでしょうか。
 このような関係から胎児が母体で過ごす10月(トツキ)10カを宇宙遊泳と考え、太陽と地球の距離1億4959万7870kmをスタートとして、地球に到達距離に当てはまるのではと。
 私は母体と胎児の関係は、宇宙時間で結ばれており、永遠の時空の中にある存在であろうと思います。
このようなことを考えると、未熟児で出産した子供には一層の慈しみが必要だと痛切感じています、地球到達前に大空で投げ捨てられたような境遇なのだからです。
 子供が母を求める一連の動作は甘えではなく、自然に発生するものではないでしょうか。
例え甘えであっても、子供のときの時間は瞬時に過ぎ去ってしまいます。
むしろ、3〜7歳位でシッカリして、甘えを知らない子供の方がイビツに見えるようになりました。
いま、社会問題化しています、幼児虐待は、実のところ、自分を虐待していることに、世の親たちは気づいて欲しいものです。

**************************
母 女が子を抱いている形ともいい、女の唇の形ともいう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11706947c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都都逸「準」
漢字の都都逸「溝」
漢字の都々逸「滑」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 49 272346
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック