古典芸能「都々逸」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「歩」

♪ ますます科学は 進歩が進む 心の科学は 昔だよ

 

♪ 健康法には 散歩がいいと 歩き重ねて 一万歩 

 

 

歩の字は「ホ、フ、ボ=@あるくAあゆむB歩き方C物事の進み具合D歩兵E回り合わせFわりあい」

 

歩合、歩兵、歩測、歩調、歩道、牛歩、初歩、進歩、散歩、漫歩、譲歩、五十歩 など

 

国会の風物詩に、牛歩戦術があったが最近は影を潜めている。

多分無意味な戦術だときがついたのだろうが、そんな戦術を繰り返したために国民にあきられて、凋落した政党もある。

また、長野のお寺に「牛にひかれて善光寺参り」とあるがこの意味は、お寺に行けば解るような気がする。

 

                                                                              

歩く足には塵が付く(あるくあしにはちりがつく)                             

犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)                          

牛の歩み(うしのあゆみ)                                                     

蟹を縦に歩かせることはできない(かにをたてにあるかせることはできない)      

邯鄲の歩み(かんたんのあゆみ)                                              

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)                                             

七歩の才(しちほのさい)                                                     

千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)                             

田歩くも畔歩くも同じ(たあるくもくろあるくもおなじ)                        

たくらだ猫の隣歩き(たくらだねこのとなりあるき)                            

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花(たてばしゃくやく、すわればぼたん

這えば立て、立てば歩めの親心(はえばたて、たてばあゆめのおやごころ)        

*************************

歩 止と少を合わせた会意文字。

止は、右の足裏、少は左の足裏の形。

歩は、ゆっくり歩くこと。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11704340c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都都逸「添」
大脳の反乱-終章
憲法記念日
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 43 272340
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック