漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

みっちゃんの「ミカンの皮枕」



美味しい蜜柑を沢山食べよう!

ミカンの美味しいシーズンがやってきました。
ミカンを食べた後に残るミカンの皮を捨てないでマクラのパンにしましょう。

ミカン皮枕の作り方

 ミカンを食べた後の皮の内側を取り水洗いした後、ゆっくりと天気干しをしただけの簡単なものです。
材料となるミカンの種類としては、温州ミカン・伊予柑・グレープフルーツ・三宝柑・夏蜜柑・ネーブルオレンジ・八朔等がありますが、いろいろ食べたミカンの皮を混ぜ合わせたほうが結果はよいようです。


みかんの皮を天日干し

ミカンの皮を天気干しにすると、カチカチになり、細かくするために、金槌で叩かなければならないほどの硬度になります。
ミカンの枕刺激がよい
ミカンの皮を、枕のパンにすると、とても気持ちがよいのです。どのように気持ちがよいかといえば、皮が乾燥して固くなったものが、枕袋の下から肌を刺激して、刺激効果が得られます。


癒しの香りがよい

ミカン特有の柑橘系の香りが「癒しの香り」となり、深い睡眠が得られやすくなります。
臭いは嗅覚といって、嗅器によつて感じます。
嗅覚の感度は人間の感覚の中では原始的であるだけにもっとも鋭くできています。
人の嗅覚細胞は100万個あり、ハッカの葉であれば1/500万mgというごく微量の濃度を感受できる能力を持っています。
臭いは、基準となるものが明らかではなく、その分類は、表現が大変難しい、臭いの世界には未知の分野が多く、表現もいろいろです。
最も普通に使われているのは快、不快の分類です。
ツワルデマークの分類によれば
  1,エーテル香
  2,マロマチック香
  3,バルサム香
  4,竜涎香
  5,アリルカコジル香
  6,焦臭
  7カプリル香
  8,不快香
  9,嘔吐香
に分類されます。
臭いに快、不快があるように、身体にも快、不快があります。
人間は心と肉体が一体となっており、心に問題があると身体に変調がでてきます。心の問題は個人の生活意識のなかにあり、その基準は「快・不快の原則」であるようです。
気分のいいときには、神経・ホルモンのような、人間の身体を調整している、信号系が好調に働いており、その作用が臓器に関係して、胃・心臓・血管といった器管がすべて順調に働いていることを意味します。
不快な気分になると、これと、全く反対の現象が誘発されます。
アロマ・テラビー
最近比較的新らしい言葉に「癒し」というのがあります。
現代人はストレスを抱えて生活しています。この、ストレスを解放するために、癒しのセラピが必要となっています。
動的には好きな運動、散歩、森林浴、登山等がありますが、静的には音楽や花の観賞やアロマがあります。
ミカン枕もアロマ効果があります。
ミカンを一冬しっかり食べても枕一つ分がやっとです。
ぜひ試作してみてください。



馬鹿話ではなくマジな話

ミカンの皮マクラは廃物利用で経費がかかりません。
また、マクラを作るのが厭な人は、布袋にいれて頭の付近に置くだけで効果があります。
効果期間は約6ケ月ですが時々天気干しにすると1ケ年は大丈夫です。

************************************************
新聞ネタ

 ミカン皮が脳神経守る 脳梗塞治療に期待
2012/9/8  [産経新聞]
松山大学 古川美子教授

 ミカンなどかんきつ類の皮に含まれる有機化合物に、脳の神経細胞を守るタンパク質を増やす働きがあることを松山大薬学部のチームがマウスで突き止めた。脳梗塞で起きる脳神経の機能障害を遅らせる治療薬の開発につながる可能性がある。成果は9月中にも国際学術誌ニューロサイエンス・レターズに掲載される予定という。

 有機化合物はヘプタメトキシフラボン。チームは液状にしてマウスに5日間投与。その後、脳の血管を詰まらせて、脳の断面を分析。すると、記憶をつかさどる海馬で、神経細胞が傷つくのを防ぐタンパク質「脳由来神経栄養因子」が投与しなかったマウスよりも約3・5倍増えていた。チームはこのタンパク質が増えることで脳梗塞後に死滅する細胞が減り、機能が維持されるとみる。ただ、ヘプタメトキシフラボンはミカンの皮の成分の多くて約0・025%と微量で、皮を食べても効用はないという。安全性を確認し、人で有効か検証する方針。

********************************
朝日新聞 DO科学 2012/12-08 要約

ミカンの皮の効能
ミカンの皮の表面にブツブツがあり油胞といい、1mmほどのへこみの中にミカンの良い香りの元となるエッセンシャルオイルがたまっている。
オイルには200近くの成分が含まれており、ほとんどは「リモネン」という物質である。
リモネンの用途はアロマテラビー・洗剤・発砲スチロールを溶かす等の効果がある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11689622c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「皇」
漢字の都々逸「租税」
漢字の都々逸「当」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 63 279957
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック