馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「期限」

♪ 期間限定 早い者勝ち 消費あおって また再販

 

♪ 満期がきても 利息はつかぬ これじゃ消費は 下げ止まり 

 

期の字は「キ、ゴ=@あうAやくそくBきめるCあてにするDまちうけるEときFかぎられた時間」

 

期日、期月、期会、期門、期待、期限、期間、予期、末期、年期、死期、長期、周期、満期、最期、短期、無期、定期、不定期、思春期、過度期、農閑期、農繁期 など

 

政府はアベノミクスで消費を2%UPすると日銀とタックを組み国民を煽っているが一向に計画通り進まない。

素人なりに、原因のひとつは低金利政策にあると思う、以前には定期預金は年6%であったから、複利だと10年で元金が2倍になった、現在では殆ど利息の余剰が望めない、利息の余剰があれば、つい、消費にまわしたくなるのが人間の心理でなかろうか。

また、携帯電話の発達で、家庭の消費に廻るはずの資金が通信費にバケてしまう。

通信費の負担が、一般消費の足かせになりUPしない。

**********************

期 月が形を表し、其が音を示す形声文字。

其には、はっきりしたものを示す気持ちがある。

月は時のことで、期は、日と月がきまったときに出会うことをいう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11673006c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「村」
漢字の都々逸「普通」
漢字の都々逸「晴天」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 63 263505
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック