馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「浴場」

♪ 露天温泉 混浴いいな 下を隠さず 上隠す

 

♪ 使い痛めた 身体をほぐし 湯浴みしまっしょう 明日のため

 

浴の字は「ヨク=@あびるAあびせるBゆあみ、入浴Cこうむる」

浴用、浴衣、浴室、浴客、浴場、浴槽、入浴、水浴、沐浴、日光浴、冷水浴 など

 

 一時期、廃っていた温泉地の混浴が復活しつつある。
露天風呂での入浴は風景をみながらのんびりと湯につかれる、そこに酒でもあればなおよしであるが、川の溜まりにある露天風呂も風情がある。
最近、広島市東区の高台にあるクワハウス「神田山荘」へ行ってみた、景色もようが温泉大浴場がよい。
館内には、大浴場のほか露天風呂をもある、また、値段も@750円と安い。

 

**************************
浴=<説文>には「身を洒(サイ)するなり。水に従い谷の声」と解説している。
  この字の古形を見ると図に示す如くで谷は水が八型に分かれるさまであり、口は水の出る穴を示した合意文字である。浴とは水浴と音符谷との組み合わせに成る会意意兼形声文字で、くぼんだ滝つぼや湯船の中に、からだを入れることであるが又沐と同じく水を頭からかぶる意に用いる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11653903c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「玄人」
漢字の都々逸「時間」
漢字の都々逸「原子」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 62 260775
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック