漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「種子」

 

♪ 種がなければ その先闇だ 物事種まき 始発点


  農産物も 工場生産 品種改良 またできた


♪ 稲の苗代 種まき済んだ 収穫待とう 秋祭り


の字は「シュ=@たね、穀物のたねAもと=原因B血筋=種族Cくさ、品DたぐいEうえるFたねをまくGしく、ひろめる」


種子、種目、種別、種族、種痘、人種、各種、品種、別種、変種、特種、接種、雑種、業種、職種 など

 

地域により多少期日に差があるが稲作の耕作ストーリは、ほぼ同じであろう。
春がくると種子米を田圃に蒔き芽がでて少し成長すると苗代へ移すまた、成長を待って苗ができる。その間、田圃では土を耕し、畦道を造り、水を張って待つ。
田植えは隣近所の田圃の人が手伝いにきてお祭り騒ぎで稲子を田圃に植える。
このような行程がヘリコプターを使って種まきをする方法を開発しているようである、品種改良とともに耕作も日々進歩しているようである。


*************************
=この字の行にんべんを、禾(カ)におきかえると種という字になる。種の古形は図に示す如くで衝とよく似た字形である。禾(作物)と音符重との組み合わせに或る会意兼形声文字で上から下に地面をおしさげてうえること又たねを上から下におとすことを表わすもので、踵(上から下に重みをかけるかかと)衝(とんと重みをかけてとく)と同系の言葉である。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11779838c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「究」
漢字の都々逸「積」
漢字の都々逸「窓」
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 137 277968
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック