漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「冬」

♪ 季節巡って 冬来たけれど ないないづくしで 寒がきた


♪ 冬の夜長は ちり鍋突き 差しつさされつ 夜が更ける


冬の字は「トウ=@ふゆAふゆごもるB冬季」


冬着、冬木、冬至、冬枯、冬眠、冬籠、立冬、初冬、暖冬 など季節感のある語句が多い。

「冬」この字は「寒」を連想する、春夏秋冬の四季で人気のない季節にあたる。

「冬」のありようは地域によって大きく違い、夏の暑さは最高で45℃程度であるが、冬の寒さは−30℃近い場所もある。

我が国でも北海道の網走では−20℃となることもあり、日本海では毎年のように豪雪がある。

南半球の人や東南アジア人々はこの冬の寒さや雪を体験したいと観光に訪れる。

私は冬はあまり嫌いではないが温度が−5℃以下と積雪は勘弁して欲しい。

**************************

 冬=<説文>には「.四時くるなり。ン(こおり)に従い、夂(ち)の声」と解脱しているが夂は音符ではない。冬という字の古形を見ると図に、小す如くであるが、それが何の

形であるかは、現在まだ明確ではない。

たぶん乾して吊した貯蓄用の肉か果物の象形であろうといわれている。

篆文では、その下にン印(氷)を加えて「氷のはる季節」という意味を付加している。

又というコトバは食物や収穫物を蓄えて、かこっておく季節を意味する。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11790977c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「管理」

♪ 管(クダ)はパイプだ 血管・鉄管 忘れてならぬ 毛細管

♪ 管理監督 怠るならば 人身事故が また起きる

管の字は「カン=@ふえ、吹き鳴らす楽器AくだB筆の軸CつかさどるD支配する」
管区、管内、管制、管長、管弦、管理、管轄、土管、器官、血管、保管、移管、鉄管、鉛管、毛細管 など

人間の集団を円滑に機能運営するためには管理や監督がつきものである。
事故や不祥事で管理監督責任を問われる組織の上級幹部は、事故があって初めて気がつくということが多いのではないか、即ち、組織訓、社訓など大綱を唱和し、後は上位下達で十分と考えているのでは思うことが多い。
TVでの不詳会見でも頭を深々とさげるが、案外当事者としての責任を感じるより、自分がやったことではないと弁護しているように見受けられる。
管はパイプで気体や液体を移送するものとして使われるが、パイプも長年使うと劣化して漏れが生じる、血管から血が脳に漏れると脳梗塞が起こるし、ガス管からガスが漏れると爆発というコワイ事故は起こる、

****************************
管 この字の古形は図に示す如くであるは隊や堆と同系のことばで人やものの集団を示す。官は{(やね)と(つみかさね)との組み合わせに成る会意文字で、家屋におおぜいの人が集まったさまである。館は大勢の人の起居する家のことで同系のことばである。官はもとは公的な家屋に集まった役人のことであった。宦とも書いたが後に宦は宦官という特殊な役目をさすようになった。管は竹と音符官との組み合わせに成る会意兼形声丸く全体に行きわたる意を含む。日本語では「くだ」と訓じ、又動詞としては「つかさどる」意に用う。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11790752c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「箱入」

♪ 箱入り娘に 懸想をしたら それは誠と 喜ばれ

 

 

箱の字は「ショウ、ソウ=@はこA者を入れる箱B車内で荷物を入れるところC列車の車両」

 

箱入娘、箱枕、箱書、箱師、手箱、伏箱、重箱、豚箱、巣箱 小箱 など

 

*********************

箱 竹が形を表し、相が音を示す形声文字。

相には、互いに向き合う、対する意味がある。


 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11790496c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「箇所」

 

♪ 大筋合意 箇々には不満 政治も談合 なにきめる

 

♪ 訂正箇所が あちらにこちら 黒線塗られて 自我見えぬ

 

箇の字は「カ=@物を数えるのにそえる語A物をさす語BこのCあの」

 

箇条、箇所、箇々 など

 

************************

箇 竹が形を表し、固が音を示す形声文字。

固には堅いという意味がある。

箇は、竹の数を数える言葉。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11790217c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「算出」

♪ 算出根拠 示せと言うが もともよ根拠 ありゃしない

♪ 両手の指で 計算できぬ 足の指まで 総動員

♪ 採算度外視 半額バーゲン どこかで帳尻 合っている 

算の字は「サン=@かぞえるAかずBさんぎ=数える道具CはかるDはかるごと」

算入、算木、算出、算用、算定、算段、算術、算数、算盤、予算、打算、計算、成算、精算、日算、加算、合算、採算、掛算、決算、和算、起算、通算、珠算、勝算、割算、暗算、概算、誤算、検算 など

古代の人は、今で言う、計算などは縁遠いもので、両手の指で足りたのだろう。
その後、竹の棒でできた算木が本格的な計算の始めで、その後算盤による珠算が長く使われてきた。
珠算は小学校四年生くらいから授業に取り入れられ競ったものである。
計数方法として、計算尺、タイガー計算機が併用された。
1960年代には、モンロー社の電動計算機が発売され、ここから、計算機の電子化が急速に発展したが、いまでも、珠算教室が存在する不思議もある。

*************************
算 竹と具を合わせた会意文字。
具はそろえること、算は、竹の棒をそろえて数えることである。
昔の数え方、横棒二本と縦棒三本を並べ、それを二組み合わせ十本で計算した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11789917c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 37 278980
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック