漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都都逸「秋」

♪ 秋の味覚は 栗より千里 焼いても煮ても 食そそる

 

♪ 嫁に秋茄子 食わせちゃだめと 姑が食べて 嫁いびり


♪ 秋の秋刀魚は お風呂は何度 わたし15度 後はダメ


♪ 名月みたか まんまる月を ウサギ餅つく 秋の夜に


秋の字は「シュウ=@あきAみのりBときCとし」


秋分、秋月、秋冷、秋夜、秋季、秋期、秋風、秋刀魚、千秋、中秋、立秋、早秋、初秋、麦秋、春秋、晩秋 など


秋は好き!


まず、二十四節季の内で食物の収穫時期で美味しい物が豊富であるし、凌ぎやすい気候が続く。

ただ、落ち葉が始まる晩秋になると寂しさが風景に現れ感傷的になるが、「天高く馬肥える〜〜」で食欲旺盛で元気もでる。


***********************


秋=<説文>によると秋を穐と書いて居り「穐とは禾穀の熱するなり。禾に従い亀の声。


魚とは亀を灼(や)いて不兆なるなり。読んで焦の如し」と解説している。又秋という字の


古い形を見ると、図に示す如くで甲骨文字は禾(穂のついたイネ)を束ねたことを表わしている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11777215c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「秀才」

♪ 秀才凡才 どちらがよいか 気楽でよいのは 凡才だ

 

♪ 優秀すぎて 頭が冴えて いつのまにやら 落ちこぼれ

 

秀の字は「シュウ=@ひいでるA他より高く抜きんでるBすぐれるC粋DえりすぐったものE花が咲くF美しい」

 

秀才、秀作、秀敏、秀逸、秀歌、秀麗、秀抜、優秀 など

 

優秀、秀才には縁が遠い、優秀な人は特種な人達と思ってしまう。

しかし、優劣があるから世の中おもしろい、常に後につけていつ人が、突然先に走り出してしまう減少がある。

************************

秀 禾と乃を組み合わせた会意文字。

禾は稲、乃はたれること。

秀は、稲の細長くのびた穂をいう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11776956c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「私」

♪ 清き一票 私に入れて 議会活動 私利私欲

♪ 私用と公用 判断つかず 議会で釈明 欲の皮

私の字は「シ=@わたしAわたくしBひそかに、そっとC自分一人でD家族E家来」

私人、私心、私信、私用、私立、私有、私見、私事、私鉄、私語、私憤、私利、私欲、公私 など

政治と金の問題が頻発しているが表面に出てきているのは大臣クラスの閣僚だけである、この際与野党の全議員も洗いだせばスッキリすると思われる。
政治献金そのものが純粋なものでないのだからどうしても隠蔽したくなるのであろう。
議員は税金から高い本給を貰い、過分な手当をもらい、その上政党助成金を貰うという二重取り、三重取りをしているのであるから政治献金は全面禁止にしてはどうか。
**********************
私=この字の古形を見ると図に示す如くで、ムは自分だけのものを腕で抱えこむさまである。
  私は禾(作物)と音符ムとの組み合わせに成る会意兼形声文字で、収穫物など細分して
自分のものだけを抱えこむことであり、細分する意を含む。
 一般には「わくし」と訓じ自称の人称代名詞として用いられている。又「わたくしする」という動詞として用い、自分ひとりの利益や考えでわがままな好ききらいをすること、えこひいきのよこしまな行為をすることを意味する。又「ひそかに」と訓じて、ひとりでこっそりすることにも用うる。 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11776848c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「禾」

 ♪ 禾はのぎへん いろいろ文字が 味覚の秋も のぎへんだ

 

禾の字は「カ=@いねA穀物B穀物の総称CのぎD稲苗」

 

禾本科、禾穀、禾稼、禾黍 など

 

禾は穀物の総称、日本は稲=米が主食であるが、渡来米であるという、小麦や麦を主食とする国もあり、気候や地理などの自然条件で必然的に方向付けされたのであろう。

石油を血の一滴というように、米はなんというべきなのか?

**********************

禾 木の上の穂が曲がって下に垂れ下がっている象形文字。

穀物を表す。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11776506c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「禅」

♪ 知らずにしている 禅問答を それでいいよと 禅がいい

 

禅の字は「ゼン=@祭りの名AゆずるB禅宗C座禅」

 

禅心、禅学、禅杖、禅宗、禅門、禅客、禅師、禅堂、禅僧、参禅、座禅 など

 

日本に禅が入ったのは13世紀鎌倉時代で最澄が祖と言われている。

よく聞くこと何「禅問答」がある、なじめない、昔話で見た「一休さん」が頓智問答がそれに近いのか?

スポーツ選手がオフに禅寺に籠って修行する報道があるが、なにか、得るものがあるのだろう。

*****************

禅 示すが形を表し、単が音を示す形声文字。

示すが神。

単には、大きな平らな意味がある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11776197c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 19 276863
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック