馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「秋分」

 

♪ 秋の味覚は 栗より千里 焼いても煮ても 食そそる

 

♪ 嫁に秋茄子 食わせちゃだめと 姑が食べて 嫁いびり

♪ 秋の秋刀魚は お風呂は何度 わたし15度 後はダメ

 

♪ 名月みたか まんまる月を ウサギ餅つく 秋の夜に

 

秋の字は「シュウ=@あきAみのりBときCとし」

秋分、秋月、秋冷、秋夜、秋季、秋期、秋風、秋刀魚、千秋、中秋、立秋、早秋、初秋、麦秋、春秋、晩秋 など

 

秋分、この日は旗日である、まず、学校も仕事も休める、二十四節季の内で食物の収穫時期で美味しい物が豊富であるし、凌ぎやすい気候が続く。
ただ、落ち葉が始まる晩秋になると寂しさが風景に現れ感傷的になるが、「天高く馬肥える〜〜」で食欲旺盛で元気もでる。
今年は秋秋刀魚が不漁であり品不足が続いて高値で、庶民の味にほど遠いが、都々逸にあるように、秋刀魚の好む海水温が15度でこれ以上海水温が高くなると、冷水海に群れて行くようで、今年は北海道が産地となっている。
また、「女心と秋の空〜〜」とあるが昔は「男心と秋の空〜」といったそうれあるが、どちらにしても、人の心は変わりやすいものなのか0。
***********************
秋=<説文>によると秋を穐と書いて居り「穐とは禾穀の熱するなり。禾に従い亀の声。
魚とは亀を灼(や)いて不兆なるなり。読んで焦の如し」と解説している。又秋という字の
古い形を見ると、図に示す如くで甲骨文字は禾(穂のついたイネ)を束ねたことを表わしている。
つまり収穫物を束ねることであろう。
又古文の形は、禾と日(火)とを組み合わせた会意文字で、収穫した禾を日光で乾かす意を寓したものである。
秋の字は<説文>にある如く、穐とも書くのであるが、正確には禾と亀との組み合わせであって、亀の下に火を書いた字は焦(トリ)の下に火を書いた焦と同じなのである。
殷周(BC1700の頃)の人々は亀の甲をあぶって占いをたてた。
亀がチリチリと焦げるのを篤(ショウ)という。
秋には作物を刈り取って、グッと束ねてしまいこむ。また刈り入れた作物は乾かして収縮させる。
いずれにせよ、秋は田畑の収獲物がグッと引きしめられる季節なのである。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11663220c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「晴天」

♪ 晴天続けば 雨が欲しいし 雨が続けば 晴天を

 

♪ 青天霹靂 こなけばいいと 思いめぐらす 夢の朝

 

晴の字は「セイ=@はれるAはれた天気BはればれとしたさまCはらすD名誉」

 

晴山、晴天、晴雨、晴耕雨読、晴嵐、晴着、天晴、快晴、秋晴、日本晴 など

 

晴天の霹靂(せいてんのへきれき)

青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こることから、予期しない突発的な事件が起こることをいう。

いま起ころうとしているアジア情勢もこのようなことにならなければいいが。

*****************

晴 日が肩を表し、青は音を示す形声文字。

青には、青い、すむという意味がある。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11662733c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「景色」

 

♪ ああ松島や てくてく歩いて 景色を求めて 陸奥へ

 

♪ 街の景観 次々変わる 高いマンション ここかしこ

 

景の字は「ケイ=@ひかりAひざしBようすCけしきDしたうEあおぎ」

 

景色、景気、景況、景品、景勝、景観、八景、三景、全景、夜景、近景、
背景、情景、美景 など

 

日本三景は、松島、天橋立、宮路mが」有名であるが、その他、日本八景もある。

・ 室戸岬(高知県) - 田山花袋
・ 湖沼:十和田湖(青森県・秋田県) - 泉鏡花
・ 山岳:温泉岳(雲仙岳)(長崎県) - 菊池幽芳
・ 河川:木曽川(愛知県) - 北原白秋
・ 渓谷:上高地(長野県) - 吉田絃二郎
・ 瀑布:華厳滝(栃木県) - 幸田露伴
・ 温泉:別府温泉(大分県) - 高浜虚子
・ 平原:狩勝峠(北海道) - 河東碧梧桐
******************
景 日が肩を表し。京が音を示す形声文字。
京は高い丘で、大きいことがはっきりしていること。

 


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11662023c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「玄人」

♪ 作った料理は 玄人はだし 味は火加減 塩加減

 

♪ 午前様です ほろ酔いきげん 玄関あけたら 夜叉がいた 

 

玄の次は「ゲン=@くろいAくろBそらC奥深いD静か」

玄人、玄米、玄関 など

 

玄人に勝るものなし、芸の世界でも職人の世界でもそれどれの職業人には玄人がいる。

玄人の反語は素人でその中間は蓼を喰うやからか、わたしは概ねその蓼を喰うやからになる。

 

*************************

玄=<説文>には「幽遠なり。黒くして赤色なる元(玄)という」と解説している。

この字の古形を見ると図に示す如くで、これは細い糸をぶらさげ、わずかに其の先端を上にのぞかせたさまをあらわすものである。

  幻の左側もまた、細い糸であり、右側は、あいまいに揺れることを表わす記号である。従って玄と幻とは同じ着想で作られた異体の字に過ぎないものと思われる。

  <釈名・釈天>には「天をまた元(玄)という。玄とは懸なり。物を懸けて上にあるが如きなり」とあり。これはつまりいろいろに変化して不安定なことを意味するものである。「幽遠」とか「幽玄」という意味はこれから派生したものであろう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11661627c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「時間」

♪ 時が止まれば いいなと思う 加齢がそこで 止まるもの

 

♪ 時の不思議は 感じる頃は 歩む細道 また細く 

 

時の字は「ジ=@ときA時間、時、時勢、世のうつりかわりBときどきCちょうどそのとき、よい機会」

 

時分、時代、時局、時事、時雨、時空、時価、時刻、字形、時計、時差、時流、時間、時報、時期、時評、時運、時勢、時差、当時、戦時、潮時、暫時、臨時、瞬時 など

 

私の、小学1年生の想い出でのなかに、中学3年生を見る目は、大きな人で大人に見えたようである。
小学1年=7歳  中学3年=15歳 歳の差=8歳   答=大人に見える小学4年=10歳 中学3年=15歳 歳の差=5歳  答=中学生に見える
このように同じ人間が人を見る目は、自分のおかれている経験値=情報で結論づけるようである。

逆に70歳〜80歳の人に、50代の人のことを聞くと口をそろえて若くて元気があるという。
では同じ年齢の人のことを聞くと、若く見える人もあるが概ね自分と同じだという。

15歳の中学生に50歳の人のことを聞くと「おじさん」であり「おばさん」であって自分より遙かに上のように見えて、美的感覚が浮かばないようであった。
私もそう思った時期がある。

歳は時の進みにより比例して重ねていくが、人の姿のありようは必ずしも時の進むような決められた軌道ではない。

下図が人間が誕生してから老齢までの腎気の想像図であるが、これを見ると幼年から成人を見るとプラスの急傾斜であり、老齢から成人を見るとマイナスの急傾斜となっており、脳から発信する感覚指令は老齢者から見ると見た人の姿が、歳よりも遙かに若く見えるのではないか。

子供の時に感じたことを馬鹿馬鹿しい理屈をつけて振り返って見た。
お笑いください〜〜あはは〜〜

********************
時 日が形を表し、寺が音を示す形声文字。
寺には、之と同じように、物事を順序よく進行する意味がある。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11661044c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 37 260921
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック