馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「最中」

 

♪ お菓子の最中 読み方知らず さいちゅう旨いと 笑われて

 

♪ 最初が大事 最後も大事 作業の基本 ここにある

 

最の字は「サイ=@もっともAいちばんいいものB最上Cすべて」

 

最大、最小、最小限、最大限、最中、最高、最古、最早、最初、最悪、最終、最前、最後、最愛、最新、最小公倍数、最大公倍数 など

 

昔ながら古風な菓子に最中がある、小豆餡と米粉で作った最中の皮とのアンサンブルがいい。

小豆餡にもツブのままのもの、ツブをツブしたものといろいろであるが、ツブ餡最中が好きだ。

******************

最 月と会を合わせた会意文字。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11671182c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「衣食」

♪ 秋が深まり 更衣の季節 冬物衣着は まだはやい

 

♪ 衣食たりたら 礼節知ると 斎の管子が のたもうた

 

衣の字は「イ=@ころもAきぬBふくろ、おおいCきるDおこなうEうわぎ」

 

衣替、衣冠、衣食、衣香、衣桁、衣料、衣糧、衣着、衣類、白衣、更衣、浴衣、脱衣、着衣 など

 

「衣」の字がくれば次は「食」で、さらに「住」が加わり生活の基礎になる「衣食住」が揃う。

日本が敗戦国となり焼け野原になった時期にエンゲル係数なるものがマスコミでもてはやされた、今で言う流行語大賞の筆頭であろう。

これは、家計の収入の内食費が占める割合をあらわしたもので、食の支出割合が高いほど生活レベルが低いと諸外国から揶揄された時期があった。

衣の素材は布であるが、ナイロン・レーヨンの開発で衣に関する従来の常識がつうじなくなったといってよい。特に女性用の透明に近いナイロンストキングの出現には男女とも度肝をぬかれたようだ。

 

注 管子、管仲の別称、中国斎の国の思想家。

*********************

衣=<説文>には「体を蔽う所以なり。二人を覆う形に象る」と解説している。

この字の古形を見ると図に示す如くであるが、そのどこを見ても二人の人の形などない。これは、孫渠g氏の<甲骨文編>に「衣とは、左右の衽(ジン)のあい交叉する形である」とあるのが正しいものであろう。甲骨文字を見れば、明らかにエリをかき合わせて胸をかくし、又後からエリを立てて、首すじをかくすことを表わしていることがわかる。又衣というコトバは隠の対転にあたるコトバで、「かくす」ことを意味するものである。

 <白虎通>には「衣とは隠なり」とある。衣を「きるという動詞に用いた例としては<論語>「子曰く、敝(やぶ)褞袍(おんぼう=わたいれ)を衣(き)て狐狢(こかく=きつねやむじな)を衣たる者を立ちて、恥じざる者は………」とある。

そこで「布衣」とは、木綿の服を衣ているものという意味から、一般庶民或は一般民衆などの意に用う。当時上流のに族(所謂大人)は絹の衣裳を身につけていた。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11671016c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「果物」

♪ 秋の味覚に 果物欲しい なかでもミカン 王様だ  

 

♪ 果報は寝てまで 因果は捨てろ 捨てるとこない 我が身体

 

果の字は「カ=@くだものA木の実BはたすC思い切りがいいDできでばE思ったとおりに」

果肉、果実、果報、果敢、果園、果樹、果糖、因果、成果、青果、効果、果物,戦果 など

 

果実は我が国の農産物では米・穀物についで生産量が多い、国内生産量は2943千トン、輸入量は4428千トン、輸出は30千トンであろう。

この果物を含めた農産物のTTPが半ば暗礁に乗り上げた状態で国益がかかっているだけに交渉が大変であろう。

 

***************************

果=<説文>には「本の実なり。本に従い田に従う。会意。田は果の本の上に在るに象る」と解説している。

 此の字の古形は図に示す如くで、その甲骨文字を見ても之が丸い実の形の変形であることがわかる。踝は丸いクルブシ、顆は丸い頭である。

  実をむすぶことから転じて、結果の果の意となり、結果が実現することより「ハタシテ」という意味の副詞となる。

 <論語・雍也>に「子曰く、由(子路の名)や果なり」とある果とは、果敢の意であり、実際の効果をめざす(虚構ではない)意からの派生的用法である。

また<諭語・子路>に「言えば必ず信に、行えば必ず果」とある果とは、実行しかけたことは必ずなしとげるという意である。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11670719c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お笑いは人間だけのものか


NHK朝ドラで「わろてんか」が放送されている、笑いについて感心があり笑いについて考察してみた。

 

笑いは人間だけのも
 笑いは人間だけのものとすれば、進化の過程で顔面筋の形態が変化したようで、当初の笑いの表現は、人間と人間が相対峙するときの防衛本能からくるものであったようである。自分の身を守るために愛想で顔面表情や身仕草を変えて、敵対心が無いことを相手に伝達するという、自然の行為がなせるものであった。
 人と人の挨拶(恋情も含む)の始まりが笑いではないだろうか?
お互いにニッコリと微笑み、敵害心のないことを見せ、親愛の態度を表す。
余談だが、神社で柏手を打つのは、”私は素手であなたに敵害心を待っていません”という自己主張だそうで、正月行事には案外そうした動作が多い。
 古代の人々は家族を中心にした、集落、部族間の争いの中で生活の場を築いてきたのであるから、笑いは自然発生よりも、生活の知恵として生まれたような気がする。
 中国に於ける文字の進化を見ると”笑”は篆書の頃とすると可成り後世になる、甲骨文字の始まりは圧倒的に食べることと病のことがら、それに自然現象がおおいようです。
 
現在人の笑い
 現在人の笑いは上に挙げた笑いの形態の中の「身構えた笑い」に汚染されているような気がする。
これはTVの影響で、TVのチャンネルを廻すとどこかでお笑い番組やバライテイ番組が流されていることによる、これらは演技者の会話や動作が引き起こすもので芸能の笑いは身構えた笑いになるのでは?    
”笑い”の想像のために、世界中の人々が苦心してきた後が伺える。
通信やメデアの無い時代には一つの笑いのネタがあれば、数年の笑いを誘われたが、今日では瞬間芸となってきた。
劇場へ漫才・寄席・バライテイ・演劇・映画を鑑賞するときには、「今日は笑いにいこう」と身構えた笑いを求めて行動するようであり、そのような、笑いを自分で誘発する仕掛けがなければ、漫才や寄席はちっとも可笑しくないことになってしまう。
 特にTV番組のお笑いは、笑ってやろうという気が乗らなければ全くおもしろくも、可笑しくもない。
その点このことに気がついている芸能人は、本業を捨ててキャスターに収まっている人や司会業に転向した人が多いのは、笑いそのものを否定しているように見受けられてならない。
TVのお笑い番組はおもしろくも可笑しくもない、芸人が悪いのではなく、企画するTVの制作者が片寄りすぎているのでは?
笑い一筋で不器用に生きている芸能人を応援したくなる。

 笑いの字源
 私たちは他の人に自分の意志を伝えるために、声・字・絵・表情などを使って伝達しようとする。
笑いの表現は声・字・絵・表情などが重なり合ったものであろうと考えられ、そういう観点で見ると笑いの「笑=ショウ」はどのような字源なのだろう。
漢和辞典では
笑は形声語で竹と犬の合意文字とされてきた、竹は楽器で、簫(ショウ)のこと。犬は人によくなれる動物。
笑いは、音楽が伴った「和み」が派生されたものではと思う。

 笑は喜ぶことである。
また、笑は竹が形を表し、夭が音を示す形声文字とされる。そこで、笑は竹がしなった形で、人の  笑うかっこうとか、夭は容と同様で、笑は、口にかっこうをつけることか、笑は、咲きと同じで、口を小さくすぼめて、ホホと笑うことなどと解する。
漢和辞典で竹冠の単漢字が約180字あり”笑”というような人間が表現する単漢字は殆んど見あたらない。
ということで”笑”は特別の文字だと考えてもみた。

笑いの発声
笑いには微笑みもあるが、声を出して笑うことが本当の笑いだと思っている、人によって得意とする笑い声があることにお気づきと思うが?
私はアハハ〜とハハハ〜が圧倒的に多いようで、笑いの発生は殆ど母音である。
 ”笑い”て、なんだろうと取り組んでみましたが、笑いに”私”が笑われるのが落ちでありました。
自然な笑いと身構えた笑いをミックスジュースにして飲めば、毎日楽しく過ごせると願っています。
都々逸(どどいつ)

♪笑い笑われ お箸をとられ アゴがはずれて 落ちの山

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11670433c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「最中」

♪ お菓子の最中 読み方知らず さいちゅう旨いと 笑われて

 

♪ 最初が大事 最後も大事 作業の基本 ここにある

 

最の字は「サイ=@もっともAいちばんいいものB最上Cすべて」

 

最大、最小、最小限、最大限、最中、最高、最古、最早、最初、最悪、最終、最前、最後、最愛、最新、最小公倍数、最大公倍数 など

 

昔ながら古風な菓子に最中がある、小豆餡と米粉で作った最中の皮とのアンサンブルがいい。

小豆餡にもツブのままのもの、ツブをツブしたものといろいろであるが、ツブ餡最中が好きだ。

******************

最 月と会を合わせた会意文字。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11670246c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 62 262226
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック