馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「桜」


♪ 春は桜だ 日本の花だ 花より団子 みな好きだ


♪ みんなで行こう 夜桜花見 ライトアップで 夢の国 



桜の字は「オウ=@木の名前Aさくらの木」


桜月、桜花、桜狩、桜紙、桜湯、桜餅、山桜、夜桜、姥桜、八重桜、観桜 など


「桜」を含むことわざ(ことわざ辞典)                                           

明日ありと思う心の仇桜(あすありとおもうこころのあだざくら)           │     

桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿(さくらおるばか、かきおらぬばか)             │     

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿(さくらきるばか、うめきらぬばか)             │     

桜は花に顕われる(さくらははなにあらわれる)                           │     

酒なくて何の己が桜かな(さけなくてなんのおのれがさくらかな)           │     

花は桜木、人は武士(はなはさくらぎ、ひとはぶし)                       │     

三日見ぬ間の桜(みっかみぬまのさくら)                                 │     

世の中は三日見ぬ間の桜かな(よのなかはみっかみぬまのさくらかな)            


桜の花言葉は、「心の美」。

その昔、木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)が富士の高嶺より種を撒いたことで広まったといわれる桜。

古事記に記されている木之花咲耶姫はたいそう美しい姫で、その美貌から求婚を受けますが、条件として醜い姉も一緒に嫁がせて欲しいという父親の頼みは受け入れられず、美しい木之花咲耶姫だけが嫁ぐことに。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11684246c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「勤労感謝」

♪ 勤労したいが 仕事がないよ 頑強高齢 悩み種

 

♪ 勤労感謝は 祝日だけど なぜに働く 蟻になり

 

♪ 転勤族は 各地を廻り 郷土料理に 舌鼓

 

勤の字は「キン=@つとめるAはたらくBはげむCつとまるDつとめEいたわるFねんごろGつかれる」

 

勤労、勤学、勤王、勤怠、勤勉、勤番、勤務、勤苦、欠勤、出勤、夜勤、解勤、

通勤、転勤、精勤 など

 

転勤族の悲哀は子供に負担を追わせることである。

単身赴任では片親家族になるし、一緒に転勤すると学校や友達の問題がある。

自分はさだめと思っても、子供には通じない理屈であり親の買ってと言うだろう。

もう、その子達も成人して家庭を持ち、繰り返されている。

*************************

勤 力が形を表し、が音を示す形声文字。

蓳には、粘土の意味があり、勤はそれに力加えて、

しっかりと力をもちること、つとめることを表す。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11683924c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「大脳」

♪ 身体の主人 誰かと聞けば 大脳様に 決まってる

♪ 脳が空なら それよいことよ 安眠むさぼり 夢を見る

脳の字は「ノウ=@のうみそA頭蓋骨の中にある灰白色の物質B中枢神経CあたまD頭のはたらき」

脳天、脳炎、脳味噌、脳軟化、脳貧血、脳神経、脳裏、脳溢血、大脳、小脳、
頭脳 など

私の身体になにが住んでいるのか?
  人の身体のなかはどのようになっているのでしょうか?
肉体はいろいろなパーツでなりたっていて、筋肉・骨・臓器・ETCで構成されていて、最近の科学では、肉体の神秘的な部分も大部分、質量分析できるようであります。
他方、精神(心)は心理学のような学問で分析を試みていますが、皆目、意味不明の領域で、カンセリングしても解っているようで、解っていないような?
 心の分析を試みても、一筋縄でいかないのは、精神(心)を司る脳には大脳さまが控えているからでありまして、大脳さまはなかなか真実を自白しない構造になっているようです。
 大脳さまは、わたしの肉体の一部だとつい最近まで考えていましたが、どうも、そうではなく、とんでもない悪巧みをするのが大脳さまと思うようになってきました。
 このような大脳さまの悪巧みを見破るまでに、永年月費やしてきたようで、金儲けの旨い人や自称出世する人たちは、大脳さまに幼少の頃から、貢ぎ物をしているのに、間違いありません。
大脳さまの大好物は、新鮮な酸素で、これはたんまり食べるようなので、バケツ一杯や二杯程度の貢ぎではてんで相手にしてくれません。
 ***************************
脳=<説文>には「頭の髄なり。ヒに従うは、あい比着するなり。巛は髪に象り、は脳の形に象る。会意」と解説している。この字の古形を見ると図に示す如くで、右側は、頭の毛のはえた姿である。上部の巛印は頭髪であり、下部は思の字にも含まれている印であってこれは頭骨にあるオドリコにすじの入った姿である。
 又「ノウ」というコトバは農と同系であり、農は膿の原字でネバネバした脳ミソまたは頭のウミを出すさまを意味する。従って脳とは、やおらかい脳ミソを意味する。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11683588c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「桃太郎」

 

♪ 桃栗三年 柿は八年 私はまだまだ 実らない

 

♪ 桃から生まれた おとぎの話 猿雉犬ノ 桃太郎

 

桃の字は「トウ=@ももA果実の名」

 

桃色、桃山時代、桃花水、桃源郷、桃花仰、桃李、白桃、桜桃 など

 

おとぎ話の「桃太郎」、桃から生まれた桃太郎であるが、字源には「桃は妊娠のときに初めて呑む果実のもとになる木」とある、桃が二つに割れて桃太郎が生まれることも、ある程度字源から伺える。

************************

桃 木が形を表し、兆が音を示す形成文字。

桃には、二つに割れるという意味がある。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11683107c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「栽培」

♪ 森林栽植 忘れていると 自然災害 引き起こす

 

♪ 高値の盆栽 いじくり折って 後でバレバレ 叱られた

 

 

栽の字は「サイ=@うえるA苗をうえるB植木C若い芽」

 

栽培、栽植、盆栽、前栽 など

 

 

*****************

栽 木が形を表し、が音を示す形成文字。

には立てる、意味がある。<!--[endif]-->



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11682803c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 70 263629
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック