古典芸能「都々逸」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

感じの都々逸「陰陽」

♪ 陰気がこもれば 心が晴れぬ 笑えば邪陰が 逃げていく

♪ 山陽・山陰 なぜなぜ決めた 語呂で損する 人もいる

陰の字は「イン=@かげAくもりBかげるC山の北D川の南E陽の反対」

陰火、陰気、陰言、陰画、陰性、陰惨、陰険、陰陽、陰陽師、陰極、陰電子、
陰暦、隠匿、陰茎、陰謀、山陰、木陰、日陰、光陰 など

古代中華の国で陰陽論は陰陽五行説として親しまれ日本にも古くから伝わっている。
この説は全ての現象を陰と陽の二極化して物事にあてはめる、例えば次のようなものがあげられる。
陰と陽との関係
陰と陽との関係は、「陰があれば陽がある」或は「陰あり、また陽あり」というだけではない。互いに原因となり、結果となるという特別な関係がある。これを倫理から見れば、同時因果というのである。

陽−陰の関係
男−−女  日−−月  天−−地              (物体)
盛−−衰  栄−−枯                    (状態)
強−−弱  優−−劣   賢−−愚  善−−悪        (性質) 
君−−臣  兄−−弟    夫−−婦    内−−外  上−−下  (関係)

陰と陽とは、互いに予想し、しかも第三者(陰でもなく、陽でもないもの)の存在を許さないのである。陰といえば、陽を予想し、陽といえば陰を予想し、両者は互いに原因となり、又互いに結果となるのであって、陰のみ存在しないと同時にまた陽のみ存在するということもない。このように陰と陽との間には、第三考があるわけでもなく、また陰と陽との外に他の何等かの原因があるわけでもない。陽そのものが陰の原因となり、また陰そのものが陽の原因となり、此の如くして宇宙一切の活動が行われているとするのが易の思想である。

**************************
陰=<説文>には「陰とは闇(くらいなり)。山の北水の南なり。阜に従いに従う会意又今の声」と解説している。
 図は其の古形を示すものである。は「云」(くも)十音符今」の組み合わせに成り、立ちこめた水気か去りやらず中にこもってうっとうしいことを表わすものである。それに丘を示す「阜へん」をつけたのが同図Bに示す陰である。又音符である今という字は日本訓では「いま」と訳し現在を表わす時の名詞として用いられているが、その原形を見ると図に示す如く、上部はものにかぶせる「ふだ」の形であり、その下に一印を添えて何物かを封じこめる吉主を示したものである。
 従って今を九日符とするコトバは概して中に含みこむ意を備えている。含・吟・唸(う なる)・念(心で思う)。
 又云という字形は図に見る如く、大気が立ちこめて、もやもやとこもったさまを画いた象形文字である。そこで陰とは、山の北側の湿って暗い感じのする状態、じめじめしたような、ふさがっている状態、湿気のこもった、ふさいだかげの丘(谷)などを意味するものであることを知る。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11740119c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

感じの都々逸「帯同」

♪ 帯に長いし タスキに短い この謎々は 俺のこと

♪ 生まれる赤ちゃん お守りします 戌日に帯かかけ もう四人

帯の字は「タイ=@おびAおびる、腰につけるB熱帯、温帯CもつDふくらむ」
帯刀、帯同、帯出、帯番組、帯締、一帯、世帯、妻帯、連帯、付帯、
声帯、束帯、携帯、腹帯 など

人の歴史は数億年にさかのぼれるそうだが、人は衣服を着て帯だしきものを使われたのも古い習慣であろう。
帯も男女や身分や時代背景で変化しながら進んできたが、妊婦に巻く特別のおびがある。
東京巣鴨にある高岩寺、通称、とげ抜き地蔵、またの名を年寄りの原宿である。
ここには、病を平癒するご利益の他に妊婦のお腹の下げとまりをする帯を求めるという風習がある。
*********************
帯という字の古形は図に示す如くである。ひもで物を通した姿と巾(たれ巾)と
の組み合わせに成る会意文字で、長い布のおびでいろいろなものを腰につけることを
表わしたものである。日本語としては「おびる」「おび」と訓じる「おびる」とはひもで身につけること。
又「おび」とは長い布でつくり腰に巻くおびのことである。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11739611c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都都逸「準」

♪ 夏は祭りだ お祭り準備 御輿担いで 汗を出す 

 

淳の字は「ジュン=@みずもりA水平を計る道具BのりCかたD標準EはかるFにせるG順序」

 

準用、準決勝、準拠、準備、水準、基準、規準、照準 など

 

*********************

淳 氵(サンズイ)が形を表し、隼(シュン)が音を示す形声文字。

氵は水。

隼人は、ずっしりと落ちつく意味がある。

淳は水が平らなこと。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11739124c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都都逸「溝」

 

♪ 田圃の田植は 溝から給水 排水溝も 縦横に

 

 

溝の字は「コウ=@にぞA他の用水の水路BどぶC谷川」

 

溝池、溝梁、下水溝、排水溝 など

 

***********

溝 が形を表し、(コウ)が音を示す形成文字。

氵は水。

には、交わるとか、組み立てるという意味がある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11738297c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「滑」

♪ 飛行機乗って 離陸の滑走 速くスピーヅ 空に飛ぶ

 

滑の字は「カツ=@なめらかAすべすべBすらすらCすべる」

 

滑走、滑車、滑脱、滑稽、円滑、潤滑 など

 

滑走=すべり走る。飛行機が離着陸のときすべるように走ること。

子供のときには、飛行機は憧れであった。

はじめは紙飛行機から入り、模型飛行機、エンジン付き模型飛行機に発展していた。

ゴムを動力とした模型飛行機にはプロペラを回す技術があった。

 

*******************

滑 氵(サンズイ)が形を表し、骨(コウ)が音を示す形成文字。

氵は水。

骨には、自由自在に動くという意味がある。

滑は水がなめらかに流れること。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11737849c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 181 272681
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック