馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「昼食」

♪ なにをするにも 昼ではいやよ 明るすぎます 夜にして

 

♪ 昼は働き せっせと稼ぎ 夕闇せまり まず一献

 

昼(晝)の字は「チュウ=@ひるAひるまBおひる」

 

昼日、昼日中、昼行灯、昼休、昼食、昼間、昼飯、昼寝、白昼、真昼 など

 

晝(昼)の字は夜の対極にある文字で、漢和辞典には旧字と新字が記載されているが、文字の成り立ちを考えると旧字体でなければならない。

馴染みの言葉では昼食、昼寝、昼休等があるが、印象として夜ほど強い刺激がない。

人間の超先祖は夜型人間であったのかも知れない、昼はもくもくと仕事に追われ働き、情緒的な感情が発達しなかったかも知れない。

夜の営みで人間らしさを発揮し後生にいろいろなものを残してきたのだろう。

*************************

晝(←昼の旧字)=という字の古形を見ると図Aに示す如くで、その上部は筆や書の字の中に含まれている形で、フデを手にもつ姿である。

下部は日のまわりを四角に区切って囲んだ姿である。

そこで書という似は日の出ている時問を、何時から何時までと、フデで区切って書きつけることを表わしているものである。

つまり24時問のうち「日中だけ」を、区画して分けるさまを表わしているのである。

又この字をチュウという。そのコトバは主や柱と同系のコトバで、ものの中心に鎮座する主人役であり、夜はその両わきに付随するわき役である。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11621772c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「提案」

♪ 何度も提案 なんども落選 人を変えたら 採用だ

 

♪ 前提条件 多すぎないか 船頭多くて 渡れない

 

亭の字は「テイ=@さげるAひさげるB上にあげるCひきおこすDつかさどるEたちきる」

 

提出、提示、提言、提案、堤高、提起、提唱、提訴、提督、提携、前提 など

 

 

*************************

堤 扌が形を示し、是が音を示す形声文字。

扌は手。

是には「まっすぐ」という意味がある。

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11621493c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「年月」

 

♪ 想い想われ 一年過ぎたが 待ちわびるのか もう一年

 

♪ 歳を重ねて 何年たった 明日はまだある 恋いもある

 

年の字は「ネン=@としAみのるBみのりCときDころ」

年中、年内、年少、年月、年収、年末、年号、年代、年功、年次、年来、年金、年長、年始、年度、年貢、年俸、年配、年賀、年報、年期、年休、年輪、年間、年鑑、少年、中年、厄歳、今年、去年、忘年、来年、定年、晩年、新年、豊年、若年、例年 など

 

年という字は、人間にとって意義深い文字である。
365日の繰り返しになるが、この繰り返しは誰にも止められない、自然の営みのなかでこの時を刻む日々が王様ではなかろうか?
しかし、定めだれた時は年に置き換えても見たら、人それぞれのその年の生き方や使い方によって人生の意義が違ってくる。
時や年のような時間の単位はお金と同じで、使い方によって違ってくる。
年の不思議のなかに、10歳頃に平安時代を1300年前とすると130倍となるが、50歳を過ぎて考えるとその倍数は75倍、100歳の人から見れば13倍でしかないことになる。
加齢すると時間経過が速く感じるのがそんな思考が影響しているのではないかと、馬鹿な考えに陥っている。

**********************
年=<説文>には「穀の熟すなり。禾に従い千の声」と解説している、千の声は誤りで
「人の声」すべきである。千と人とは古い字形はよく似ているが、コトバとしては全く
別である。
年の原形は図に示す如く、禾(か)と人との組み合わせ文字で、禾は稲の象形で五穀を
意味する。そして稲の成熟から次の成熟までの期間を一年というのである。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11621094c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「東西南北」

♪ 東に行けば 幸せあると 夢のお告げが 大当たり

 

♪ 東雲の空 曙染めた 急いで帰ろう 角がでる

 

東の字は「トウ=@ひがしA主人側B東に行くCあずま」

東上、東大寺、東大、東北、東西、東男、東京、東風、東洋、東雲、関東、中東、極東、東都、東経 など

 東という字は東西南北の一番目、夜空に輝く北東七星、東風(こち)、東雲、東宮、東都、東京、東北等方位、方角を

 

連想される語が多い。

我が国を「日出ずる国」と呼称したのは、聖徳太子の時代(574年)は、飛鳥時代の皇族、政治家で、 高句麗の僧慧慈が渡来し、太子の師となり「隋は官制が整った強大な国で仏法を篤く保護している」と太子に伝えた。 ...... 隋書』によれば、遣使の国書は「日出る処の天子、 書を日没する処の天子に致す(「聞海西菩薩天子重興佛法」「日出處天子致書日沒處天子無恙〜〜

********************
東=<説文>に「動なり、日の木中に在るに従う」と解説しているものだから、一般に、
太陽が木の向こうから登って出るさまを表わすために日と木とを組み合わせた会意文字だ
と説明されている。
さらに扶桑の枝に日が宿るという古い伝説を引いて、この木は扶桑であろうなどという全く根も葉もない説まで飛び出すものもあった。
図に示すものは、東の字の古形であるが、その甲骨文字でも、決してそんな様子は見られない。これは棒を中にさし通して、両端をしばった原始的な「袋」の形であろう。心棒を抜き通した袋だからトウというのである。従って通や同などとも同系の文字であろう。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11620812c.html
音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

漢字の都々逸「控除」

♪ 女性の地位が 世界でドン尻 配偶者控除 阻害する

 

♪ 国会論争 党利党略 疑いあれば 控訴しろ 

 

控の時は「コウ=@ひかえるAひきよせるBおさえるCひくDうったえる」

 

控告、控室、控除、控訴 など

 

日本の女性の社会的地位は、世界からみて86位と公表された、GDP3位の国がこのありさまは、考えられない。

中国、韓国も軒並み下位に甘んじている、この、3ケ国のGDPのしめる割合は高いが、女性の地位が低い、私の類推するところでは、国家思想として過去に儒学の影響を受けている。

もうひとつの原因は、中途半端な、配偶者控除でこの制度の引き上げをして、週ニュが増えるとよいと考える。

*****************

控 扌が形を表し、空は音を示す形声文字。

扌は手。

空には、空墟の意味がある。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11620352c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 102 257789
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック