馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「故郷」

♪ 交通事故が 減ったというが それでも多い 嘆くひと

 

♪ サクラ咲く頃 故郷を離れ あれから何年 想いふけ 

 

 

故の字は「コ=@ふるいAもと、むかしからB古くからの習慣C古くからの知り合いDゆえEゆえに」


故山、故主、故老、故事、故国、故知、故紙、故郷、故知、故地、故買、故意、故障、世故、物故、事故、縁故 など

 

交通事故死が毎年減少傾向にあり喜ばしいが、逆に65歳以上の高齢者の事故が増加しているそうである。

日常生活で心身の衰えを感じたら運転をあきらめるという勇気も必要で、もし加害者となった場合、日頃培ってきた自己に大きな債がのしかかる。

  

**************************

故=この字は、日本語では「ゆえに」と訓じ上の文を受けて、「だから」と下の文と関係つけるものと思い込んで居るものが多いがそれは誤りである。

 <説文>には「之を為さしむるなり。支に従い古の声」と解説している。支は動詞記号であり、古は固く枯れた頭蓋骨の象形である。

 古の字について<説文>には「古とは故(ふるき)なり。

十に従い口に従う。会意と解説している。この字の古形を見ると、図Aに示す如くであり、又同図Bは克の古形である。今、甲骨文字について両者の才体を比較するに古の字体は、克の字体の上部と全く同一である。克とは重い頭又は甲冑(かぶと)をつけて足を曲げて重さに、たえている姿だといわれてトる。してみると古は当然人問の頭か甲冑の姿だと考えられる。

 又コ(kag)というコトバは固く枯れたものを表わしている。

そこでこれに動詞記号の支を添えた「故」は、本来は@「固める」という動詞である。後にこれがA「かたくなに」「ことさらに」という副詞として用いられるようになり、又古と同じくB「ふるい」という意味に用いられ、又C既定の事実という名詞として用いられるようになった。「故(ふる)きを温めて、新しさを知る」。故事の故などは古と同系で「ふるい」意である。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11689982c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

みっちゃんの「ミカンの皮枕」



美味しい蜜柑を沢山食べよう!

ミカンの美味しいシーズンがやってきました。
ミカンを食べた後に残るミカンの皮を捨てないでマクラのパンにしましょう。

ミカン皮枕の作り方

 ミカンを食べた後の皮の内側を取り水洗いした後、ゆっくりと天気干しをしただけの簡単なものです。
材料となるミカンの種類としては、温州ミカン・伊予柑・グレープフルーツ・三宝柑・夏蜜柑・ネーブルオレンジ・八朔等がありますが、いろいろ食べたミカンの皮を混ぜ合わせたほうが結果はよいようです。


みかんの皮を天日干し

ミカンの皮を天気干しにすると、カチカチになり、細かくするために、金槌で叩かなければならないほどの硬度になります。
ミカンの枕刺激がよい
ミカンの皮を、枕のパンにすると、とても気持ちがよいのです。どのように気持ちがよいかといえば、皮が乾燥して固くなったものが、枕袋の下から肌を刺激して、刺激効果が得られます。


癒しの香りがよい

ミカン特有の柑橘系の香りが「癒しの香り」となり、深い睡眠が得られやすくなります。
臭いは嗅覚といって、嗅器によつて感じます。
嗅覚の感度は人間の感覚の中では原始的であるだけにもっとも鋭くできています。
人の嗅覚細胞は100万個あり、ハッカの葉であれば1/500万mgというごく微量の濃度を感受できる能力を持っています。
臭いは、基準となるものが明らかではなく、その分類は、表現が大変難しい、臭いの世界には未知の分野が多く、表現もいろいろです。
最も普通に使われているのは快、不快の分類です。
ツワルデマークの分類によれば
  1,エーテル香
  2,マロマチック香
  3,バルサム香
  4,竜涎香
  5,アリルカコジル香
  6,焦臭
  7カプリル香
  8,不快香
  9,嘔吐香
に分類されます。
臭いに快、不快があるように、身体にも快、不快があります。
人間は心と肉体が一体となっており、心に問題があると身体に変調がでてきます。心の問題は個人の生活意識のなかにあり、その基準は「快・不快の原則」であるようです。
気分のいいときには、神経・ホルモンのような、人間の身体を調整している、信号系が好調に働いており、その作用が臓器に関係して、胃・心臓・血管といった器管がすべて順調に働いていることを意味します。
不快な気分になると、これと、全く反対の現象が誘発されます。
アロマ・テラビー
最近比較的新らしい言葉に「癒し」というのがあります。
現代人はストレスを抱えて生活しています。この、ストレスを解放するために、癒しのセラピが必要となっています。
動的には好きな運動、散歩、森林浴、登山等がありますが、静的には音楽や花の観賞やアロマがあります。
ミカン枕もアロマ効果があります。
ミカンを一冬しっかり食べても枕一つ分がやっとです。
ぜひ試作してみてください。



馬鹿話ではなくマジな話

ミカンの皮マクラは廃物利用で経費がかかりません。
また、マクラを作るのが厭な人は、布袋にいれて頭の付近に置くだけで効果があります。
効果期間は約6ケ月ですが時々天気干しにすると1ケ年は大丈夫です。

************************************************
新聞ネタ

 ミカン皮が脳神経守る 脳梗塞治療に期待
2012/9/8  [産経新聞]
松山大学 古川美子教授

 ミカンなどかんきつ類の皮に含まれる有機化合物に、脳の神経細胞を守るタンパク質を増やす働きがあることを松山大薬学部のチームがマウスで突き止めた。脳梗塞で起きる脳神経の機能障害を遅らせる治療薬の開発につながる可能性がある。成果は9月中にも国際学術誌ニューロサイエンス・レターズに掲載される予定という。

 有機化合物はヘプタメトキシフラボン。チームは液状にしてマウスに5日間投与。その後、脳の血管を詰まらせて、脳の断面を分析。すると、記憶をつかさどる海馬で、神経細胞が傷つくのを防ぐタンパク質「脳由来神経栄養因子」が投与しなかったマウスよりも約3・5倍増えていた。チームはこのタンパク質が増えることで脳梗塞後に死滅する細胞が減り、機能が維持されるとみる。ただ、ヘプタメトキシフラボンはミカンの皮の成分の多くて約0・025%と微量で、皮を食べても効用はないという。安全性を確認し、人で有効か検証する方針。

********************************
朝日新聞 DO科学 2012/12-08 要約

ミカンの皮の効能
ミカンの皮の表面にブツブツがあり油胞といい、1mmほどのへこみの中にミカンの良い香りの元となるエッセンシャルオイルがたまっている。
オイルには200近くの成分が含まれており、ほとんどは「リモネン」という物質である。
リモネンの用途はアロマテラビー・洗剤・発砲スチロールを溶かす等の効果がある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11689622c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

みちゃんの枕の話 その2

マクラの馬鹿話−その2

*枕という言葉が使われた文章

 枕は文字が存在していない頃から、使用されていたのは間違いないことだと思うが。
西洋の事情は別にして、東洋では紀元前に記された司馬遷の史記に「高枕」=枕を高くす。と記載があり、落ち着いて寝る。安心して寝るという意味で使われ、特に、乱世の弱肉強食時代では夜睡眠する事が大変な事であったことを物語っている。
 
*枕の種類と枕言葉

$ 草枕 (クサマクラ) =草を結んで枕にして寝ること。
♪「朝なけに 見べき君と 頼まれば 思いたちぬる 草枕なり」古今集より

$ 高枕 (タカマクラ) =高い枕。安心してねること。
♪「屋形の内に高枕して、いびきをかきて臥せたりける」太平記より


$ 夢枕 (ユメマクラ) =夢を見た枕べ。夢に神仏などが枕べに現れお告げをする。
♪ 「ありし夜床の夢枕」新千載、恋五より

$ 歌枕 (ウタマクラ) =歌をささえる枕として働きを持つ語。「ひさかた   の・・・」等
   「よろずの草子、夢枕、よく案内を知り見つくして」源氏物語、玉髪より

$ 箱枕 (ハコマクラ) =底部を板で箱の形にに造り、上に括り物をのせたもの。
♪ 「そなたの預けし箱枕」浄瑠璃、曾根崎心中より

$ 陶枕 (トウチン) =陶器や磁器で作った枕。

都々逸
♪ 蛍とび交う 夕映えの床 陶枕ひやり michitaka 雑昨より

$  艶枕 (イロマクラ) =昔の唄に「びんのほつれ」があります。
♪ びんのほつれや 枕のとがが 今日もあなたに うたぐられ・・・」端唄より

$ 一人枕 (ヒトリマクラ) =この種の人々は案外多いようです。(都々逸)
  
都々逸
♪ ひとり枕を 抱いて寝たが 待てぞ来もせぬ 明け鴉 michitaka  雑昨より                                       
 馬鹿話 終章
 枕の使用は人間が快適に生きるための知恵で、特に、人間の人体構造から、医学的に首や肩の凝りが大病の元になるということを知っており。この観点から、少し頭を高くして寝ると有効であることで、いろいろな枕が考案されたものと考えられる。
枕の高さ、堅さ、大きさ等の形状はそれぞれの体型や寝相に合わせて選ぶべきである。
ちなみに、私の枕は変幻自在に高さや形が調整できるように自製している。
「 みかんの皮の枕」につづく


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11689402c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

みっちゃんの枕の話

マクラの話−1

人間が枕を使い始めたのはいつ頃からなのであろうか?
睡眠にかかせない枕についての馬鹿話

ずっと、ずっと、歴史をさかのぼり、数十万年前の猿人は枕を使っていたのであろうかと考えてた。人間と動物は同じほ乳類で括られるが、生態や生活様式には大きな違いがあり、進化の過程で別の道を進んだのではなかろうか。
  猿人の頭蓋骨は後頭部がかなり張り出していて、歩行姿勢は、前屈でなければ歩けなかったと思われる。ネアンデルタール人を経てクロマニヨン人になって頭蓋骨の形や脳容積が現在人とほぼ類似してきたので、この頃には仰向けの姿勢で睡眠したかも知れない。
クロマニヨン人はフランスの洞穴で発見されたが、推定約15000年前で、ほぼ完全に現在人の特徴を備えていた。頭骨は丸く、両眼は上に張り出しはなく、下顎は小さくてオトガイを持っていた。また、脳容積は現在人の97%に達して十分な言葉を発達させ、相互情報交換能力を備えていたと思われる。



この人達の子孫が最初にマクラをつかったのではなかろうか???
その話本当・・・・??

*人間の帰巣本能は
 例えば帰巣本能であるが、動物にはそれぞれ独自の帰巣本能がある、馬や犬は生後すぐ自立して、数ヶ月で食物を自分で食べて成長する。蜂や蟻は生後すぐ活動して自分の巣へ帰る。人間の子供は歩くまでには1年が経過し、自分で食事ができるまでには、2年以上かかる。この、帰巣本能の違いは、進化の課程で、人類が直立したことや脳の発達によるものと考えられる。
それは、知恵の落とし子として、帰巣本能時期を遅らせたのであろう。
 この辺の関係を京都大学名誉教授の会田先生が、人間の赤ちゃんの帰巣本能は、「ニッコリ笑う笑顔であると!」書物に書かれたのを読んだことがある。要約すると人間の赤ちゃんが道に置き去りにされ、返る巣がなかったとした場合、通りがかりの人が、その赤ちゃんを見て、泣く顔のなかにもニッコリする笑顔があり、可愛くなって、巣へ連れれ帰りたくなる。これが、人間の帰巣本能であると言われている。
 帰巣本能は自分を守る、防衛手段であり、どのようにしてたら、外敵に襲撃されても生命活動が維持できるように本能的に働くようになっている。
この帰巣本能と枕におおいに関係があるのではないでしょうか??
そのヒントは人間も猿人以前では腹部を下にして、俯せ状態で寝ていたと推察できることにある。

*動物の寝相
 ほとんどの動物は腹部を下にして眠る。これは、動物の躯のなかで腹部が一番弱く、外敵に襲われた場合でも保護するように庇の姿勢にある。
人間の先祖もそのような形で睡眠していたが、直立歩行になって脳が発達するにつれて、危険予知能力ができたので、徐々に睡眠時の姿勢が変わってきたものである。
人間の幼児は最初頃は、ほとんど俯せに寝るのは、その名残で、本能がそうさせているものと思われる。成人した人でも布団を羽織らないで寝る場合は、ほとんどの人が腹に手を当て、腹部を保護するような姿勢とっている。


*ではなぜ枕を使うようになったのか?
 人類は枕のを使用を始めたのは、相当古い歴史があるのではないかと推察できる。
人間が枕を使用するようになったのは、進化の結果、直立歩行となり、骨格が変化したことと、頭脳が発達して頭部の質量が増加したこと、摂取食物の変化により顎構造が変化したことがあげられる。さらに、俯せ睡眠から、仰向け睡眠に変わったことが複合されて、より、快適な睡眠をするための道具として枕が考案されたものと思われる。
 睡眠姿勢の問題であるが、最近の研究成果でチンパンジの赤ちゃんが仰向け運動ができることが判明したようで、人間以外でこの試みができるのは、新しい発見であるとTVで放映されていた。
*それでは、なぜ、俯せから仰向け姿勢で眠るようになったのであろうか?
  これは、休息と関係していると思われる。生活のために、狩猟や農耕により、肉体が疲労するため、適切な休養が必要となる。疲労の大きな原因は肉体の酸素量が不足することである、すこし、過激な運動をすると、呼吸がゼイゼイとするが、これも、肺臓の酸素欠乏状態を招くからである。肺臓の構造からみて、胸を張る状態が肺活量が最大となるため、俯せ寝は肺を圧迫する姿勢であり、仰向けに寝ると肺臓が開き呼吸が大変安易になり、休息効果が倍加することを気づいたのであろう。(人体の元素組成は酸素量=65%、炭素=18%、水素=10%で肺活量は成人では3000〜4000cc程度である。
  さて、仰向けがよいとなると、困ったことに、人間の骨格が仰向けに寝る構造にできていないことで、顔を上にして寝る姿勢は、頭蓋の形状が後頭部が飛び出た構造となっているため、そのままの状態で寝ると鎖骨、胸骨、肩甲骨、助骨を取り巻いている筋肉である、広頸筋、三角筋、僧帽筋、肩甲筋、項靱帯及び第七頸椎に異常な引っ張り力が生じて、後頭部を直に床につけて寝る姿勢は、
肺の負担が減ずるが、肩こりや首が凝るという問題が発生し、長時間その姿勢を保つことに問題があると気づき、同時解決策として枕が考案されたのである。
それは本当のこと???

*頭蓋骨の構造にも原因が
 人間の頭蓋骨は15種類の骨で構成されている。魚類、両生類、鳥類は20〜30種類からなっている。人間は脳髄が非常に発達しており、脳頭蓋が大変大きい、その大きさを他の動物と比較すると、いま、顔面頭蓋の大きさを100としたとき、脳頭蓋の大きさはどうなるのか、魚17、馬21、猿人類100,人間400と異常に大きくこのため骨の種類が他の動物に比べて少なくなっている。


*下顎骨
 人間の食物の咀嚼は上顎骨と下顎骨との間で行われる。顎の間接はどこに成立するかというといえば、下顎骨と側頭骨との間である。この間接部が蝶番のように左右の支点で動作している。従って頭蓋骨の中ではこの間接部が構造的に一番弱いところとみられ、仰向けに寝るとこの部分に、直立時に掛からなかった力学的負担が増し、肩や首の凝りに原因を誘発する。また、高齢になると、総入れ歯となると、睡眠時には入れ歯を外して睡眠するのが普通であるが、この睡眠方法だと枕の形状を工夫しなければ苦しくなる。
(総入れ歯の人は仰向けに寝ると下顎が上に引っ張られるような、状態になるので、枕は傾斜型が望ましいと思います。)
 



このように、頭蓋骨の構造からみた力学的な作用が、枕が必要な条件を作りだしているのである。
この話は本当???
 
つづく




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11689032c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

冬は身体を労る温食材

冬は身体を労る温食材

都々逸 ♪ 風邪がいやなら 温食物だ 身体暖め 風邪退治

またまた寒い日がやってきます、今年の冬は大雪に害されなく、冷寒でないようにと念じています
真冬に備えいまから身体の血行をよくして血の巡りを活発にしなければなりません。
血行をよくするための方法はいろいろありますが、手軽にできるのが「温性の食物」です。
身体を温める食物として有効なものを私なりに調べてみました。
東洋医学書、黄帝内径素問 「四気調神大論」には冬の養生法として”冬は「閉蔵」と称し、万物が戸を閉ざして、陽気を潜伏させることを意味する”即ち体内を「温」にすることを常に心がけることだと言う。
また、”春は「発陳」と称し、春陽上昇とともに潜気発散し、天地間に万物みな発生する。
と記されています。」
この時代の人々は医療技術に頼れないので、自己防衛に心がけていたようで食材もいろいろ工夫して摂取していたのではないかと思われます。
表は身体を温める温食材のリストと栄養素です。
このリストから簡単に献立できる朝食は。「豚汁」となります。
具材は温植物+豚肉
ニンジン、わかめ、油揚げ、豆腐、豚肉、ネギ、ミソ

表をクリックすると拡大します

日中気功学会 講師 みちゃん


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11688712c.html
東洋医学  | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 14 265222
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック