温泉の効用について

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/jprblok0115y

シューズの履き心地に影響するポイント

同じメーカーでサイズが同じなら、全部同じに出来ていると思っていませんか。それは、完全な間違いです。


同じメーカーの同じサイズのシューズでも、「つまさき」の形状が全く違っているということもあります。このため、良く確認せず、寸法だけで選んでいると、足に悪影響をおよぼしてしまいます。



シューズを選ぶにあたっては、まず、履き心地に影響するポイントを抑えましょう。



サイズは、シューズの大きさですが、これには、縦と横のサイズがあり、縦のサイズは、かかとから人差し指の直線状の長さです。



横のサイズは、幅を表示しており、「E」とか「EEE」などで表示されています。



次に、つま先の形です。これは、足の形との相性を表すもので、例えサイズが合っていても、窮屈に感じたり、あるいは、広く感じたりしますので、自分の足の形に出来るだけあったシューズを選びましょう。



かかとの形・硬さは、見落とされがちなポイントですが、非常に重要です。



もし、かかとの位置がズレてしまうと、フットワーク時のバランスが崩れてしまいます。


踵の骨をしっかり固定するためにも、かかとの形に合っており、激しく動いても傾いたり形が崩れしたりしない、しっかりとした硬さのものを選びましょう。



履きこみ口の形・深さは2つ種類あります。まず、ローカットは、履きこみの深さが浅く、くるぶしが見える感じで、足首が自由に動くので、動きやすくなります。



ミッドカットは、履きこみが深く、長靴のような感じです。足首のホールド感があるため、「ねんざ」など足首に不安がある人には向いています。


望ましい院内シューズとは?


シューズ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000075739/p11630796c.html
| コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉の効用について解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 5727
コメント 0 1
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック