漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「私」

♪ 清き一票 私に入れて 議会活動 私利私欲

♪ 私用と公用 判断つかず 議会で釈明 欲の皮

私の字は「シ=@わたしAわたくしBひそかに、そっとC自分一人でD家族E家来」

私人、私心、私信、私用、私立、私有、私見、私事、私鉄、私語、私憤、私利、私欲、公私 など

政治と金の問題が頻発しているが表面に出てきているのは大臣クラスの閣僚だけである、この際与野党の全議員も洗いだせばスッキリすると思われる。
政治献金そのものが純粋なものでないのだからどうしても隠蔽したくなるのであろう。
議員は税金から高い本給を貰い、過分な手当をもらい、その上政党助成金を貰うという二重取り、三重取りをしているのであるから政治献金は全面禁止にしてはどうか。
**********************
私=この字の古形を見ると図に示す如くで、ムは自分だけのものを腕で抱えこむさまである。
  私は禾(作物)と音符ムとの組み合わせに成る会意兼形声文字で、収穫物など細分して
自分のものだけを抱えこむことであり、細分する意を含む。
 一般には「わくし」と訓じ自称の人称代名詞として用いられている。又「わたくしする」という動詞として用い、自分ひとりの利益や考えでわがままな好ききらいをすること、えこひいきのよこしまな行為をすることを意味する。又「ひそかに」と訓じて、ひとりでこっそりすることにも用うる。 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11776848c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
感じの都々逸「税」
漢字の都々逸「秩」
漢字の都々逸「矢面」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 123 277954
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック