漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「敬老の日」

♪ 昔六十 今百歳に 敬老基準が 高くなり
 
♪ どこに行っても 老人だらけ そのうち皆 消えてゆく
 
敬の字は「ケイ=@うやまうAtっとぶBつつしむCかしこまる」
 
敬白、敬礼、敬老、敬具、敬服、敬遠、敬愛、敬語、不敬、失敬、畏敬 など
 
日本の人口は1億2000万人、そのうち、80歳以上が約740万人、男性が340万人、女性が400万人である。
これが、100歳以上が男女合わせて約7万人、そのうち女性が90%占めている。
戦後70年を経過したが、現実に戦争の悲惨さを知っているのはこの人たちであるが、実際に語り継ぐとすれば、400万人ていどになろう。
戦争の悲惨さは、体現しなければ理解されないかも知れない、その証拠に、戦争を好むような言論を発する人が多くいることで解る。
 平均寿命は、大正14年では約43歳、平成30年では約85歳、男女間の差が、1歳だったのが現在では7歳と広がった、なぜだろう。

**********************
敬 筍と攵の組み合わせた会意文字。
筍には、自分をきつくいましめる、口をつつしむこと。
攵は、追い立てる、せまること。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11775618c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「究」
漢字の都々逸「積」
漢字の都々逸「窓」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 145 277976
コメント 0 65
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック