漢字で遊ぶ」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「産」

♪ 生産過多で 貿易摩擦 輸入過多で 怒る国

産の字は「サン=@うむA詁を生むB物を作り出すCうぶDういういしいこと」

産毛、産出、産地、産卵、産物、産児制限、産学、産科、産婆、産院、産業、生産、水産、財産、多産、共産、名産、物産、国産、倒産、資産、不動産 など

新政権になったアメリカは、貿易赤字の解消を目指して様々な政策を進めている、ターゲットは中国や日本等貿易不均衡の国を指すようだ。
政策のひとつに関税があるようだが、関税を25%とすると国民が同じ物を前より、高く購入しなければならない。
中国は対抗処置をつるようだが、アメリカ向けが滞ったら、生産過多になり製品の余り現象により諸外国には安価に取引される可能性がある。
アメリカの貿易不均衡の原因は産業構造にあるのではないだろうか、産業構造が重から軽に変わり労働者を必要としない、ロボットやAI産業にシフトしたのも原因のひとつだろう。



産業を過剰に守とその国の産業が益々弱くなる鉄則がある。
***********************
産 生が形を表し、(ゲン)が音を示す形声文字。
産は、ふっくらとして立派な男の意味。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11756285c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「管理」
漢字の都々逸「箱入」
漢字の都々逸「箇所」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 80 279023
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック