馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「替地」

♪ 自然災害 被害の替え地 津波が恐い 高台に

 

♪ 為替上がれば 物価が下がる 食品殆ど 輸入物

 

替の字は「タイ=@かえるAとりかえるBかわるCすたれるDおとろえるEやめるFおとろえる」

 

替玉、替地、替廃、両替、為替、鞍替、畳替 など

 

縄文時代や矢追時代の古墳の発掘があるが、これらの、古墳の貝塚はなぜか高台にある、発掘の中に貝殻が多々見受けることから、古代人は津波よけに高台に住居を求めたのではないかと類推する。

この頃は、海岸線には人口の堤防がなかったので高台が安全だと考えたのでは?

********************

替 竝と日とを組み合わせた形声文字。

竝は人が並んで立っている形。日は白で音を示す。

白には空虚という意味がある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11671692c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「大脳」
漢字の都々逸「桃太郎」
漢字の都々逸「栽培」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 73 263515
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック