馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「暴君」

♪ 映画やテレビ 小説までも 暴力場面で 金稼ぎ

 

♪ 世界のあちこち 暴君健在 軍事政権 アザとなり

 

暴の字は「ボウ、バク=@あらいAあらあらしいBむちゃなCあれるDそくなるEいためるFあばす」

 

暴君、暴利、暴風、暴威、暴発、暴政、暴落、暴動、暴徒、暴漢、凶暴、乱暴、凶暴、強暴 など

 

世界のあちこちで起こっている紛争の原因のひとつに、政治に軍人が介入し、軍を背景に暴君が誕生している。

日本も、太平洋戦争時の総理大事は海軍大将や陸軍大将が統治している。
                                                
│年次│総理大臣│所属       │備考                  │                         
│1931│若槻    │立憲民政   │満州事変              │                         
│1932│犬養    │立憲民政   │暗殺される            │                         
│1932│高橋    │立憲民政   │5.15事件          │                         
│1934│斉藤    │海軍大臣   │満州帝国              │                         
│1936│岡田    │海軍大臣   │2.26事件          │                         
│1937│広田    │挙国一致内閣│中国へ侵攻            │                         
│1937│林      │陸軍大臣   │日中戦争へ            │                         
│1939│近衛    │貴族       │国家総動員、ノモハン事│                         
│                   │                         
│1939│平沼    │挙国一致   │仏印へ進駐            │                         
│1940│阿倍    │陸軍大臣   │西欧諸国ドイツに破れる│                         
│1940│半田    │海軍大臣   │三国同盟              │                         
│1941│近衛    │貴族       │太平洋戦争開戦        │                         
1941〜1944 東条 陸軍    太平洋戦争の責任者


********************
暴 日・?・大・米を合わせた会意文字。
暴 米を手で持ちだして、日にさらしかわかすことから、さらすという意味になる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11665786c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「替地」
漢字の都々逸「最中」
漢字の都々逸「衣食」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 32 262367
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック