馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「澄心」

♪ 澄んだ水も 濁った水も 心次第で できるもの

 

♪ 悪心起こして 嫌われたので 澄心捧げて 仲直り

 

澄の字は「チョウ=@すむAすますBにごりがないCすきとおるDまじめそうな顔をする」

 

澄心、澄明、澄清、明澄 など

 

40年前の日本は主要都市の大気汚染で空は汚れ、河川は産業廃棄物で濁り、人々は澄や清を求めだ頃があり、現在の隣国のような有様であった。

日本の素晴らしいところは、高度な技術力を発揮して概ね5年間でほぼ元の国土に還元したことである。

現在でも多少の問題があるがあの頃に比べればはるかに安心して暮らせる。

特筆したいのは当時の東京都知事の石原氏が率先して、ディゼル自動車の排気問題に取り組んだことだと思う、普通政治家は掛け声を掛けるが尻ぬぐいはしないものだが、石原氏は国を相手にして最後までやり通したことである。

 

***********************

澄=この字は<説文>に「清なり。水に従い微の省声」とあるものだから、日本訓ではスムと乱み、馬蒔はそのさまを澄とし、張心聡清くと託しているが、それではこの文の意味は通じない。

  この字は?と登魚との組み合わせの形声文字である。

 登の古形を見ると図に示す如くである。甲骨や金文の字形を見ると、豆(たかつき)に供物を乗せて両子を以て持ちあげるさまを表し、上部には二つの足を添えている。上部の形は発の字の上部と等しく、左右足を開いた姿である。両足は上にのぼることを意味する。

  それに水(サンズイ)を添えたのが澄である。そこで澄とは↑型に上に登って来たうわずみを心味する。

そのうわずみは下の方の水よりすんで居るというところから、この字を澄むと馴じ、又<説文>が「清なり」と解した所以である。

  



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11665215c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「機械」
漢字の都々逸「忘年」
漢字の都々逸「胸囲」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 95 265303
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック