馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「適当」

♪ この処理するの 適任だよと 任されたのは 尻ぬぐい

 

♪ 適当結構 生真面目結構 四角四面じゃ 生きられぬ 

 

適の字は「テキ、セキ、シ=@ゆく、すすみゆく、おもむろにAかなう、ほどよいBまさにCたまたまDもっぱら」

 

適任、適人、適中、適切、適用、適正、適合、適当、適任、適否、適応、適役、適材、適宜、適例、適法、適性、適度、適時、適量、適齢、不適、快適 など

 

「適当にやって」「適当でいいよ」と声かけられるとほっとする場合が再三ある。

常に緊張を保つことを強いられると息苦しくなるもので、「適当」という言葉はいい間合いになる。

  

***************************

適=とは<説文>には「之(いく)なり。?(ちゃく)に従い商の声」と解説している。

商の部分を古形で見ると図に示す如くで、これは啻(ただ)の変形である。

る。「まっすぐに」向い合うことの意を合むものである。又ズバリ当たる意から、符合する意ともなる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11651835c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「桜」
漢字の都々逸「勤労感謝」
漢字の都々逸「大脳」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 39 263598
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック