馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「放送」

♪ 規制改革 忘れてないか 民放移行だ 放送法

 

♪ 放言問題 テレビの餌食 どちらが仕掛けた エサなのか

 

 

放の字は「ホウ=@はなすAおいはらうBすてるCときはなつD自由にするEFはなつGひらくHおっこうIまねる」

 

放心、放水、放火、放出、放任、放言、放免、放映、放送、放校、放射、放流、放逐、放免、放棄、放置、放電、奔放、追放、釈放、解放、豪放 など

 

規制改革の中で、遅れているのがNHKの民放化。

規制民放を守るためか、政府がNHKを手放さないのかどちらかと思ってしまう。

NHKの国民から集めた視聴料が8000億チックある、民放すれば国民の負担が減る、民放も無料でなく、購入巣製品のなかに、広告料として約5%含まれている。

直接税と間接税の違いのようだが、NHKの場合は強制的で選択の余地がない。

政府が、政府の方針をPRしたいのならば、NHKにも一日数時間の政府枠を作り、CM料を民放とともに支払えばよい。

 

*********************

放 攵が形を表し、方が音を示す形声文字。

方には、遠い地方の意味がある。

攵は、打つ、たたくこと。

放は、罪を責めて遠い地方に追放すること。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11642389c.html
馬鹿話 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「村」
漢字の都々逸「期限」
漢字の都々逸「普通」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 70 263381
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック