馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「交差」

♪ 足を交えて ポーズをとると その先見えぬ 秘所がある


♪ いつの間にかに あの四つ角が 交差点だと 名を変えた

 

交の字は「コウ=@まじわる、つきあうAまじえるBまじるCまじわりDたがいにEとりかわす」


交互、交友、公有、交代、交合、交尾、交易、交差、交配、交流、交渉、交替、交番、公選、交戦、外交、社交、国交、絶交、混交 など

 

交の字は、「まじわる」につきると思う。

世間とは人と人が交わって営むことで、「男女」も「友人」も「ばあちゃん・じちゃん」みんな交わって生きているから、悲喜交交が味わえる。

しかし、交わって見て、この人はどうもと思っていると相手もこの人はどうもということになりかねない。

***********************

交=図の金文の宇形に見る如く人がスネを×型に交叉させた姿である。足ねじらせて、つ

やっぽいポーズをする女性を妓といい、佼ともいう。つまり交は後世の妓の原字であろ。

然し共の原義は×型に交叉することである。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11640666c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「魚介」
漢字の都々逸「秋分」
漢字の都々逸「景色」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 89 261116
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック