馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「操業」

♪ 家電の操作 複雑怪奇 使い切れない 高齢者

 

♪ 赤字操業 国家を見習い 郵政までも マネをしい

 

操の字は「ソウ=@あやつるAつかうB動かすC糸をつけて引っ張って動かすDあやつり」

 

操行、操車、操作、操場、操短、操業、操連、操縦、体操、貞操、情操、節操 など

 

ビック企業のトップが操業家からサラリマン社長へ次々と変わって行く時代なのか、無からスタートした企業がビックリになり、次世代に引き継ぐ簡易創業者の考えたことがキウスになるのか?

このことは、中世や近世の時代の覇者に突いてもいえ、平家、源氏、北条、織田、豊臣等も次世代では衰退している、しかし、徳川は約400年持ちこたえたことは希有であろう。

 

*******************

操 扌が形を表し、喿が音を示す形声文字。

喿には動作がはげしくうわついている意味がある。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11636297c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「桜」
漢字の都々逸「勤労感謝」
漢字の都々逸「大脳」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 24 263583
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック