馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「青息吐息」

♪ 青息吐息は あなたのせいよ 惚れた弱みで 胸ふさぐ

 

♪ そぼ降る雨に 濡れ行く人の 青柳陰で 誰を待つ

 

青の字は「セイ(ショウ)=@あおAあおいBろくしょCかわせみD青竹の皮E樹木の茂るさま」

青二才、青山、青天、青田、青虫、青果、青春、青侍、青松、青物、青息吐息、青眼、青雲、青銅、群青、丹青 など

 青の字で思い起こすのは、若い頃「嘴が黄色い」「まだ青臭いガキ」など、未熟者のレッテルとして大人にあしらわれたことがある。
いまは逆の立場に立っているが、若者にそんな言葉を投げかける己がいない、時代とともに人間模様が変わるのはいいことなのか?おかしなことなのか?答えはまだない。
子供であれ、若者であれ、壮年、老年であれ、基本的な人格が同等に有しているのは普通であるが、政治の行方によっては、方向が変わった世界が出現する。
世界のあちらこちでドンパチとやっているのは、他人の人格を己の人格にしてしまいたい心根がかもしだしているかも知れない。

 ***********************
青=<説文>には「東方の色なり。生と丹の合意。木は火を生じ、生は丹に従う。
丹青之信とは必然に言う」と解説している。
丹とは丹石又は丹砂などのことで、これは赤い色であるから青色とは関係がない。
又図に示す青の字の金文を見ても、丼が丹であるとは断定も出来ない。そこで「丼の部分は丼(いど)の字の変形したもので丹ではない。
青とはくさの芽ばえと井との組み合わせの形声文宇井を音符とする文字ではある
と述べている。
井戸の中に溜った清水の色を指したコトバで、その緑がかった青い色は草の葉の色ともよ
く似ている。そこで草が土上に芽ばえた姿と丼とを組み合わせたもので、清の原字であろ
うといわれている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11619158c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「郭外」
漢字の都々逸「試験」
漢字の都々逸「経済」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 123 259791
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック