馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「赤色」

♪ 惚れたおなごの 声聞くだけで 顔がほてって 赤くなる

♪ 赤いドレスに 赤靴履いて 赤い帽子の 赤づくし

 

赤の字は「セキ(シャク)〜@あかAあかいBあからめるCはだか、むきだしDむなしいEまごころ」

赤心、赤手、赤化、赤本、赤札、赤外線、赤血球、赤字、赤色、赤身、赤門、赤松、赤面、赤軍、赤恥、赤貧、赤飯、赤帽、赤道、赤新聞、赤旗、赤道、赤十字 など

赤はどうしても色を連想する。
華やかな色、人を引きつける色でもある、一杯飲み屋は赤提灯が定番で、青い提灯では飲む気にならず素通りしてしまう。
商店街などでもLED照明が青が多いがこの色では心が沈み買い物気分になれない。
赤は色の三原色のひとつということは、私たちにとってはもっとも大切な色と言える。

************************
赤=赤とは何の色か。
<説文>には「大に従い火に従う」とある如く、大と火との組み合わせに成る会意文字で、火の大いに燃えている場合を意味するものであろう。
図に示す甲骨や金文の字体から見ても、何か器の中で火が燃えて、その焔が盛んに立ち昇る状態がうかがわれるであろう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11617457c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都都逸「帰省」
漢字の都々逸「握」〜握手
漢字の都々逸「機密」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 84 258017
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック