馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

漢字の都々逸「戸」〜戸数〜


♪ 口数も人口 減りゆく日本 回帰するのか どこまでも

 

♪ 酒を呑めば 悲しくなった 下戸には解らぬ 泣き上戸  

 

戸の字は「コ=@とびらA出入り口B部屋C家D家の数をかぞえる語」

 

戸口、戸主、戸外、戸別、戸数、戸籍、上戸、下戸、折戸、納戸、網戸、袋戸泣上戸 など

 

50年後の2065年には日本の人口が8800万人に減少すると国立社会保障・人口問題研究症が4月に発表した。
現在より約4000万人減少することになる。
日本の時代別の人口推計をみると
日本の人口の推移は下表のようになり、日本列島は少ない人口で何千年と巣がしてきた次期があり、これも、自然の成り行きで心配しなくても良く、むしろ、住みよい社会になるのではないかと想われる。
人口減担い手は、いまでも、ロボットが数千万台昼夜稼働している。
                                                                              
│縄文時代               │2万〜7万人            │狩りと魚とりの生活      │
│弥生時代               │60〜450万人        │稲づくりがはじまった    │
│平安〜安土             │500〜1200万人    │貴族社会のはじまり      │
│江戸時代前期           │3100万人            │下克上か武家社会へ      │
│江戸時代後期           │3200万人            │徳川政権                │
│明治                   │4600万人            │近代世代の夜明け        │
│大正・昭和前期         │5500万人            │富国強兵の道            │
│昭和後期               │8400万人            │高度経済成長            │
│現在                   │1億2000万人        │バブルから安定
へ        │


***********************
戸 両開きの扉の片方の形の象形文字。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11588347c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「最中」
漢字の都々逸「衣食」
漢字の都々逸「果物」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 77 262241
コメント 0 63
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック