馬鹿話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akasaka.areablog.jp/michitaka

感じの都々逸「微」〜微力〜

♪ 微細なことで 叱るなおまえ 子供がいじけ 暗い顔

 

♪ 微分積分 苦手でござる 常にアヒルが 泳いでいる

 

微の字は「ビ=@かすかAおくふかいBこまかいC目に見えないDほのかにEそれとなくFおとろえるG非常に小さい数」

 

微力、微少、微細、微才、微分、微生物、微行、微妙、微雨、微風、微才、微粒子、微量、微温、細微、極微、機微 など

 

苦手な学科はアヒルが何羽泳いでいると隠語のような会話を友としたことがある。

アヒルとは評価2のことで、落第の成績である。

この歳になって、もう一度、アヒルの世界に戻れないかと。

*********************

微 彳が形を表し、が音を示す形声文字。

彳は行くこと。

には、細かくかすかな意味がある。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akasaka.areablog.jp/blog/1000056158/p11573142c.html
都々逸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
漢字の都々逸「枯木}
漢字の都々逸「溺愛」
漢字の都々逸「多才」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
michitakaイメージ
都々逸(どどいつ)は江戸時代の末期に俗曲としてお座敷芸として、三味線を奏でながら唄われてきた。

「都々逸」は、七・七・七・五、調の二十六文字に「男女の恋愛を扱った情歌」として表現することで、いわゆる、艶歌として好まれたものである。

都々逸

馬が前向きゃ 鹿後向いて 行き先迷路 馬鹿政治
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 11 256481
コメント 0 60
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック